EDIT l RSS

スローな暮らし

びっくりした…


びっくりしました。

間違えて借りちゃった 「大活字版」

文字が大きすぎて とても読みにくい。。。

まだ いらないな…
| 読書日和 | 00:00 | CM(0) | TB(0) |
団地 ともお

大好きなマンガ 「 団地 ともお 」

なぜだか 10年くらい前にLEEのコミック特集らしき記事で紹介されていて 本の趣味が合わない私たち夫婦がめずらしく意気投合。

このゆるさにはまり、我が家のお気に入りだったのですが なんと、この春からアニメ化されることに!!

今日から放送。

tamaeさんは毎日見る☆

と 大張り切り!! 

漫画も面白いけど アニメもいいわぁ・・・

tamaeは ともおくんと結婚したいらしい(笑)

そして、学校で流行ることを期待しているのだそうです。

アラレちゃんは失敗に終わりましたが ともおくんは どうでしょう・・・?

来週も楽しみです♪



| 読書日和 | 00:00 | CM(0) | TB(0) |
おじさん図鑑
 
日本を支えるおじさん。

街中にあふれるおじさん。

そんなおじさんを動物図鑑のようにカテゴリーに分け 特徴など細かなディテールがしるされています。

冒頭の 「 死ぬ気で頑張れば 死ぬぞ!」 の格言など 笑えないど笑っちゃうコメントや 上手いイラストに思わず見入ってしまいました。

おじさん界で大人気の 黒いナイキのキャップ。

そういえば わたしも持ってるかも。。。 と思ったら アディダスでした (笑) ←全然被ってないけど おサボリ中のジョギング用キャップです・・・

きっと、おじさんが読んだらもっとおもしろいんだろうなぁ・・・って思いました。

というのも 「 おばさん図鑑 」 があったら 絶対読みたいから。。。




| 読書日和 | 00:00 | CM(0) | TB(0) |
色即ぜねれいしょん   みうらじゅん

漫画家、イラストレーター、作家など様々な肩書きを持つみうらじゅんさんの自伝的小説。
個人的に大好きなみうらじゅんさんがどんな青春時代を送ったのだろう・・・?とただただ興味をそそられました。

”青春ノイローゼ ”まっただ中・・・体育会系でも、ヤンキー系でもない、普段脚光を浴びることのないモテない平凡な文科系男子が、ロックに憧れ、旅に出て、恋を知り、別れを経験するというひと夏の成長物語。
誰もが謳歌したかつての青春を思い出し、こそばゆくなるような懐かしい気持ち・・・胸がキュンとするような甘酸っぱい想いに浸りつつも、真面目で不器用、無知ゆえに浅はかでドジを踏む主人公の姿は、情けなくて、幼くて、思わずぷっと笑ってしまう。
時代や形は違えど、誰もが青春時代に経験したであろう、悩みで悶々とする切なさ、自らの青春時代の記憶を蘇らせ 共感し、そして安堵する。
青春時代・・・たしかに私にもありました(笑) この主人公と同じく決して派手さもなく、極々普通でしたが、 バンドブームにのっかって日々ドラムとバイトに励んでいました。あのときはあのときで夢があり、一所懸命に頑張っていたのを思い出します。

『色即ぜねれいしょん』は今流行りの青春モノとはひと味違う。 
昔もてなかったことを笑い話にできる全ての人たちに お勧めしたいです。

今年の夏 この小説が映画化されました。
盟友田口トモロヲが監督、期待の新人渡辺大知(黒猫チュルシー)、23年振りの映画出演となる堀ちえみ、リリー・フランキー、臼田あさ美ら俳優陣に、峯田和伸(銀杏BOYZ)、待望の映画初出演となる岸田繁(くるり)というミュージシャン勢が加わったミラクルなキャストが集結。

映画館へは見逃してしまったけれど DVD化が楽しみです。


| 読書日和 | 00:00 | CM(2) | TB(0) |
1日1分 骨盤ゴロ寝ダイエット!


1日1分!ゴロ寝!

この言葉に釣られ 楽して痩せよう魂胆ではじめてみました。

はじめて1ヶ月。

痩せはしないけれど 足のむくみが変わってきたのが自分でもわかります。

普段もいつもいつもはできないけれど 気がついたときには足に均等に力が入るよう意識したりするようになりました。

1日1分というお手軽さがいいのかもしれません。

最近は雨ばかりなので朝の運動もさぼってばかり。。。

いつの間にかやめえしまうことがないよう どちらも続けていきたいです。


| 読書日和 | 00:00 | CM(0) | TB(0) |
奇跡のリンゴ  木村秋則


「 プロフェッショナル仕事の流儀 」で大反響を得た農家 木村秋則さんの半生が書かれています。

「 奇跡のリンゴ 」と呼ばれるそのリンゴは世界でも例のない、リンゴの無農薬・無肥料栽培で育てられたもので 2年たっても腐らないのだそうです。
小さくしぼんでしまってはいるものの ドライフルーツのように赤い色をほのかに残しつつお菓子のような甘い香りを放っているのだといいます。

木村さんがりんごを無農薬・無肥料栽培で始めたのは20数年前、福岡正信さんの書いた「自然農法論」との出合いから。
誰よりも懸命に働いて防虫・除草しても報われない徒労感、そして妻子を困窮のどん底に落としてしまった責任感から、追い詰められ、ついに自殺を決意。
ロープを持って山へ入った彼が見たものは、誰が手入れしているわけでもないのに、美しく青々と輝く1本のドングリの木だった。
自然の中から与えられた環境のなかで植物たちはすくすくと育っている。
その秘密はふかふかの土にあるのだと気付いたのです。
木の下にはびっしりと根が張り巡らされ、虫や微生物たちが活発に活動することにより土の奥深くまで耕さた本来あるべき自然の姿がそこにあったのです。

自然と共存することの大切さ・・・
「リンゴの木は、リンゴの木だけで生きているわけではない。
周りの自然の中で、 生かされている生き物なわけだ。
人間もそうなんだよ。
人間はそのことを忘れてしまって、 自分独りで生きていると思っている。 」

そうなんですね・・・
人間も皆ひとりで生きてはいけない。
木村さんもたくさんの人に支えられ、その支えがあったので夢を実現させる事ができたのだと言います。

木村さんの畑には、様々な虫がいて、雑草も生えっぱなし。
従来の農業では、作物と雑草、害虫と益虫を区別し、人間にとって都合のわるいものを排除するのが常識だった。
複雑な生物相の中からある部分を取り出し、人が手を加える。
だが、ある害虫を駆除した結果、他の虫が大発生し、雑草を駆除しつくした結果、土壌は固く締まって痩せ衰える。
そこで 人為的に農薬を使用することにより保たれていたのです。

周りからは馬鹿にされ変人扱い、失敗しても、失敗しても、取り憑かれた様に答えのない解答を追い続け、世上に流されず、己の夢とロマンを実現させたのは、愚直なまでの根気と探究心にあった。

「ひとつのものに狂えばいつか答えに巡り合う」
「自然の手伝いをしてその恵みを分けてもらう」
その言葉から過酷な人生を経てひとつの奇跡を成し遂げた者だけがもつ力強さ、偉ぶらず自然体な気持ちが伝わってくる。

そんな木村さんの夢は
「 現状では難しいとしても いつかは自分たちのやり方で作った作物を、農薬や化学肥料を与えて作った作物と競争できるくらい安い価格で出荷できるようにすること。」
 
わたしができること・・・そんな農家の方々を応援すること、出来る範囲ではあるけれど 地球とカラダにやさしいものをえらぶようにしたいと思っています。

我が家でも小さいながら きゅうり、ゴーヤ、枝豆、ミニトマトを育てています。
今年は 木村さんの農法で頑張って(植物が)育てています。
今までも無農薬で育ててはいるのですが 「水も与えすぎない」という植物にとっては命がけ?の農法で挑んでおります。
今のところは 順調ですが夏の暑さに耐えられるかどうか・・・
木村さんと植物の生命力を信じてみたいと思います。

余談ですが・・・
うちの娘はこの表紙のとびっきりのチャーミングな笑顔を見て 爆笑しつつビビって歯を磨くようになりました。
決して木村さんが歯磨きを怠ったためにこうなったのではないのだけれど 「歯をちゃんと磨かないと こうなっちゃうよ!」と脅しをかけました。
違った活用法ですが 使える本です(笑)
木村さん ごめんなさい。。。
| 読書日和 | 00:00 | CM(0) | TB(0) |
容疑者召慮タ函  ‥賁邨集


号泣です。
謎解きの推理小説かと思っていたので迂闊でした。

「 ガリレオシリーズ 」を読んだことも(ドラマを)見たこともなかったので 最初の登場人物 「 石神 」 が福山雅治なのかと思い 「ずんぐりした体型、冴えない容姿、ふけ顔、女性と縁が無い・・・」という役柄の設定に違和感を覚えました。
途中半分くらいで 湯川のことを 「 ガリレオくん 」と呼ぶ場面があり 「 えっ ガリレオって・・・」 と今更ながら気づいた私はアホです

最初から犯人がわかっていながらもこんなにひきこまれてしまうところがすごい!
純愛=純粋な愛
片思いの純粋な愛=献身
愛されるためではなく 見返りなど気にせず愛するものを救うために手段を選ばず企てる完全犯罪。 
「シュミレーションを得意とする」石神の仕掛けを「観察を得意とする」かつての親友湯川が解く。
まさに、盲点を突くトリック。
数学者というのは、実はとてもロマンチストで、自然の中にある美しさを感じられるような心がないとだめなんだそうです。
これだけの頭脳を本来の研究に生かせないというのは湯川でなくても残念だと思うでしょう。
不遇の天才数学者石神がしかけた悲しいトリック。
読後感すらトリックと化すような底意地の悪さともいえよう、虚無感に慄然とさせられた。

是非とも映画を見てみたい。
ただ、石神=堤真一 という配役がしっくりこないのは私だけでしょうか?


| 読書日和 | 00:00 | CM(0) | TB(0) |
きょうの猫村さん


大好きな漫画です。
あるウェブサイトで1日1コマという超スローなペースで連載されている漫画が単行本化されたもので 現2巻まででています。
内容はというと 何の違和感も無く人間社会で生活している家政婦猫村さんのおはなし・・・猫番、市原悦子といった感じでしょうか?
ノスタルジックな昭和の雰囲気漂うどこか懐かしい、心温まる人情物語です。

最初に本屋さんでこの本手にとった時は お世辞にも上手いとはいえない鉛筆画で(ほしよりこさん ごめんなさい・・・)お値段も漫画なのに1143円という高額・・・
買うには至りませんでした。
が、なぜか気になり買ってみたら すごくおもしろい。
よーくみると毒のない花くまゆうさくばりの絵も非常に味わい深く 上手かった。。。
はやく3巻でないかなぁと心待ちにしている次第です。

そんな猫村さんが この度フランス語化されて海を渡り世界へはばたくことになったそうです。
すごい!猫村さん!!
さすがはアニメ大国日本!
猫村さん大忙しです。。。
 

[人気BLOGランキング]に参加しています。ポチッとお願いします。



| 読書日和 | 00:00 | CM(7) | TB(0) |
MAKING TRUCK


大阪 玉造にある家具屋さん「TRUCK 」のお話です。
うちは「TANDEM 」という理容&美容院をやっています。
この店を作るにあたって いちばんの影響をうけたお店がこの「TRUCK FURNITURE」だったのです。
はじめて「TRUCK]の存在を知ったのは ちはるさんの本。
それ以来、ここの家具、お店はわたしたちの憧れ、理想のものになりました。

この本を読んで一番に感じたことは「縁」です。
TRUCK のオーナーである唐津さん、黄瀬さんご夫妻の出会いから店作りにいたるまでのこと、生活を共にしている犬や猫のこと、ひとつの家具が生まれるまでのこだわりや思いetc・・・
どれもなんだか不思議な「縁」「出会い」を感じるのです。

今年のはじめに大阪に行って来ました。
目的はもちろん「TRUCK FURNITURE」
TANDEMの店づくりをはじめたころからずっと欲しいと思っていたパーテーションを買いに行くためです。
カタログ注文もできるのですが どうしても「自分達の目でみてから買いたい!」という思いがありました。
でも残念なことに定休日がほとんど同じでなかなか予定がたたず 行く事ができなかったんです。
やっとの思いで行く事ができた「TRUCK FURNITURE」は カタログそのもので かなり興奮してしまいました。
そのときに買ったパーテーションは うちの店でも違和感なく、というよりむしろ最初からあったかのようになじんでいます。
私たちにとって大きな買い物ではありましたが 良い物に出会えてよかったです。

家具を作る、店をつくる。そんな毎日。  
「TRUCK」が好きな人はもちろん、そうでない人も読んでみてください。
温かい気持ちになれますよ。


[人気BLOGランキング]に参加しています。ポチッとお願いします。
  



| 読書日和 | 14:54 | CM(11) | TB(0) |
Come home!


いつの間にか vol.5まで出ていたんですね。
知らなかった。。。
はじめの vol.1しか持っていなかったので お友達に貸していただきました。
どのおうちもすごく可愛い!
おじゃましてみたいお家ばかりです。
最近この手の本が多いですよね。
でも この本がいちばん好きかも。。。
この vol.5 の表紙のシトロエンもすてき☆


[人気BLOGランキング]に参加しています。ポチッとお願いします。

| 読書日和 | 17:18 | CM(6) | TB(0) |
ABOUT
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ENTRIES
CATEGORIES
PAST LOG
COMMENT
TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS